FC2ブログ

子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これはPSのゲームです。一律300円で売っていたのが、改装に伴う閉店セールで半額になっていたので結局、150円で買いました。

まだ最初の方しかプレイしていないので、確実にこうだとはいえないのですが。ナウシカ、もしくはもののけ姫の森を舞台にしたRPGですね。主人公は繭使いです。ゲーム内に出現するモンスターを封印する事ができます。

育てゲーともいえるのですが、戦闘開始時には主人公しか戦闘に参加していません。モンスターは召還するのです。主人公の能力の内、成長するのはこの封印能力だけです。アイテムを使用する事によって、ヒットポイントは上がりますが。戦闘能力などは武器、防具、装身具によって変化するだけでした。

攻略本も買ったのですけれど、ネット上にも攻略サイトはありました。ここです。
http://www.genki.co.jp/games/mayu/faq/top.html

コメント

和ゲーム、いいですよね^^

こちらでは、初めまして^^
玉繭物語、昔やりましたよ~。
雰囲気が、ジブリっぽくて楽しめましたね。
ただ、ゲーム内容が単調なので飽きそうになりました。
あまり、和ものゲームがすくない感じだったので、
このときは新鮮で、楽しめました。
和ゲーで後、面白かったのは【大神】と言うゲームが
面白かったです。
でも・・・本編よりも、サブゲームの方が鬼のように難しいゲームでした^^;

大正もののけ異聞録

日本を舞台にしたゲームですと、ガストの「大正もののけ異聞録」が思い当たります。タイトル通りに大正時代の日本の長野が舞台です。

もののけを育成して戦うという趣旨でした。この点も育てゲーである玉繭物語と共通しています。

回復方法が和菓子などである所も日本を舞台にしている雰囲気が出ていました。

玉繭物語は攻略本にもどこにあるかが載っていないアイテムがあったのです。ネット上には情報こそあったのですけれど、文字だけの説明では位置情報が分かりません。見つける事ができなくともストーリーは進められる事 が分かったので、そのまま進めました。聖霊の石版です。   

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。