FC2ブログ

子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


面倒な事を書いていると思われるかもしれないので最初に明らかにしておきます。実際にする事は一つのフォルダをコピーして保存する、これだけです。バックアップデータを復元する場合にはこのフォルダを開いた上で、全て選択しコピーします。そして新たにできたプロファイルフォルダを開きます。そこに貼り付ける、以上でした。詳しい事は以下を読んでください。

一般に知られている方法はFEBEを使用する事でしょう。私もXPからビスタにFirefoxを引っ越しさせるに当たりこれを用いる事をまず考えました。XPのパソコンにはバックアップNXというアプリケーションが付属していてこれにFirefoxを登録すれば、そのパソコン内でだけですがFirefoxのバックアップをする事はできていたのです。

ですが他のパソコンへ移動させる場合これは使えません。そこでFEBEを試してみたという訳です。当時パソコンを一台しか所有していなかったためFirefoxとFirefoxPortableの間で同期させる事ができるかを検証してみたのでした。何故かブックマーク、IDとパスワードを移行させる事ができなかったのです。

IDとパスワードについてはFEBEの仕様だという話があります。当時使用したヴァージョンは5.2.9ではなかったかと思います。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/2109

この結果プロファイルのあるフォルダをバックアップ、移行先のパソコンのFirefoxで相当するプロファイルに上書きする方法を思いつきました。

プロファイルは次の場所にあります。このフォルダは隠しフォルダですからフォルダオプションで、全てのファイルとフォルダを表示する設定にする事が必要です。

XPではCドライブのDocuments and Settings、ユーザー名、Application Data 、Mozilla、Firefox、Profiles、ランダムな英数字の羅列defaultフォルダ。これは曖昧な記憶なのですがXPにはdefaultフォルダが四つありました。その中でsignons2.txtとkey3.db、この二種類のファイルがあるフォルダです。ちなみにこのファイルはIDとパスワードのデータを管理しています。

ビスタの場合はCドライブ、ユーザー、(ユーザー名)、AppData、Roaming、Mozilla、Firefox、Profiles、ランダムな英数字の羅列.defaultフォルダがそれです。

このフォルダをバックアップします。光学ディスク等の不揮発性メモリが良いでしょう。Mozillaから Profilesまでのフォルダの内どれかのフォルダを右クリックして送るを選びます。送り先をデスクトップにしてショートカットを作成すると後でバックアップフォルダのコピーが楽にできますよ。私はProfilesフォルダでこれを実行しています。

Firefoxに不具合が生じプロファイルの削除が必要になった場合にはこうします。一度アンインストール、上記のプロファイルを削除、再インストール、バックアップしておいたフォルダを開き全て選択しコピー。再インストールで新たにできたプロファイルを開いて貼り付けです。

default等共通する名称のフォルダを扱いますから注意が必要です。ランダムな英数字はメモしておくかすると良いでしょう。

移植の場合には単に上書きするだけで大丈夫でした。これは経験からそういえるのです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |