FC2ブログ

子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萩尾望都作の「アメリカン・パイ」という作品の事を思い出しました。書店で読んでいて涙が止まらなくなり他の対応を思いつかず買って帰る事にした本です。このような例はもう一つしかありません。筒井康隆の「乱調文学大辞典」を読んで笑う事を止められなくなったので、しようがなくやはり購入して帰りました。ご存知かも知れませんが「アメリカン・パイ」という歌があります。

ドン・マクリーンが創唱した作品です。この二つの創作の間には関連があるに違いないと予想したのでした。しかしレコードを入手する事ができず、歌詞の確認をするには至らなかったのです。友人の妹がシングルを持っているという事までは聞いたのです。だけれど借りる事ができなかったのでした。

ある日、マドンナがサントラとして歌った「アメリカン・パイ」のマキシシングルを入手する事ができました。歌詞カードを確認しました。ですがあの漫画とは関係がないようです。そもそもシュールな歌詞で意味さえ良く分かりません。

当時のサイケデリックカルチャーの影響の産物なのではないかと思います。プロパイダからもらったダウンロード権でドン・マクリーンが歌った「アメリカン・パイ」のファイルを入手する
事ができました。それに伴いネットで歌詞を探してみたのです。するとありました。再度読んでみましたが、やはりよく意味が分からないのでした。この歌詞と訳詩が見られるサイトは次のページにあります。どうかそちらを見てください。
http://www.eigo21.com/03/pops/pie.htm

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。