子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#Chrome 以下のURLでDownload Portable Google Chrome MultiVersion Online on MediaFireをクリックしてChrome_Portable_MultiVersion_Online_Multilingual.paf.exeをダウンロードします。
http://portableappz.blogspot.jp/2012/03/google-chrome-1801025142-stable.html

ダブルクリックして開きVersion Number:の所に19.0.1077.3を入力してNextでインストールする事ができます。日本語対応版で上書き可能でした。

FC2ブログのパスワードをFirefoxからインポート可能になっていました。
スポンサーサイト
以下のURLでDownload Portable Firefox MultiVersion Multilingual Online from RapidShareをクリックしてダウンロード、実行します。
http://portableappz.blogspot.jp/2012/03/mozilla-firefox-120-beta-3-multilingual.html

開いた入力欄に12.0b3を入力、インストールします。 日本語対応版でした。
9件の脆弱性が修正されています。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20120329_522390.html
以下のURLでダウンロードする事ができます。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
参考資料です。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1203/28/news078.html
以下のURLからこのウェブブラウザーはダウンロードする事ができます。
http://jp.opera.com/download/
#Chrome 以下のURLでDownload Portable Google Chrome MultiVersion Online on MediaFireをクリックしてChrome_Portable_MultiVersion_Online_Multilingual.paf.exeをダウンロードします。
http://portableappz.blogspot.jp/2012/03/google-chrome-17096383-stable.html

ダブルクリックして開きVersion Number:の所に19.0.1077.3を入力してNextでインストールする事ができます。日本語対応版で上書き可能でした。

FC2ブログのパスワードをFirefoxからインポート可能になっていました。
このFirefoxベースのウェブブラウザーは以下のURLよりダウンロードする事ができます。
http://www.palemoon.org/

メニュー等を日本語化するにはabout:configでgeneral.useragent.localeをダブルクリックしてen-USをjaに変えます。

Japanese Language Packをインストールします。Downloadの所からです。

Japanese Language Pack 11.0がdisabledになってしまっているのでEnableに変えます。再起動を求められますので、従います。再起動すると日本語化はなされています。

HTTPS Everywhere

HTTPS Everywhereは、Firefoxデフォルトの接続方式を“HTTPS”へ切り替える拡張機能です。Firefoxに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、Firefoxv11.0で動作を確認しました。現在、Electronic Frontier Foundation(電子フロンティア財団、以下EFF)のWebサイトからダウンロードできます。
https://www.eff.org/https-everywhere

HTTPS接続とは、HTTP接続をSSLやTLSで暗号化したものです。Webブラウザーのアドレスバーがhttps://で始まっている場合、HTTPS接続が用いられています。WebサーバーとWebブラウザーの間の通信が暗号化されているため、第三者による盗聴やなりすまし(man-in-the-middle attack:中間者攻撃)を防止するのに有効です。

 近年、公衆無線LANなどの利用が増えてきたこともあり、プライバシー保護などを理由に、検索サービスやメールサービス、SNSなどで、初期状態での接続をHTTPS化するところが増えてきています。それを更に推し進め、Firefox標準の接続方式をHTTPからHTTPSへ変更してしまうのが、「HTTPS Everywhere」です。

 HTTPS Everywhereを有効にすると、Firefoxはあらかじめ指定された接続ルールに従い、できるだけHTTPSを利用した接続を試みます。HTTPS接続が不可能な場合には、通常通りHTTP接続で接続する仕組みです。また、HTTPS接続に不具合のある一部サイトではHTTP接続を利用するといったように、ユーザー側で独自の接続ルールを指定することも可能です。さらに、SSL Observatoryを有効にすれば、SSL証明書を匿名でEFFに送信し、証明書に不備がないかどうかチェックすることもできます。
以下のURLでDownload Portable Firefox MultiVersion Multilingual Online from RapidShareをクリックしてダウンロード、実行します。
http://portableappz.blogspot.jp/2012/03/mozilla-firefox-120b2-multilingual.html

開いた入力欄に12.0b2を入力、インストールします。 日本語対応版でした。
Firefox 12.0b2
全9件の脆弱性が修正されています。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20120322_520532.html
このChromeの派生ブラウザーは以下のURLからダウンロードする事ができます。
http://coolnovo.com/?hl=ja
このFirefoxの技術を生かしたウェブブラウザーは以下のURLよりダウンロードする事ができます。
http://www.seamonkey-project.org/releases/
about:config を開きます。フィルタ欄にnetwork.http.spdy.enabledと入力。表示されたnetwork.http.spdy.enabledをダブルクリック、値をtrueに変更です。
#Chrome 以下のURLでDownload Portable Google Chrome MultiVersion Online on MediaFireをクリックしてChrome_Portable_MultiVersion_Online_Multilingual.paf.exeをダウンロードします。
http://portableappz.blogspot.jp/2012/03/srware-iron-17010001.html

ダブルクリックして開きVersion Number:の所に19.0.1068.1を入力してNextでインストールする事ができます。日本語対応版で上書き可能でした。
このChromeの派生ブラウザーは以下のURLからダウンロードする事ができます。
http://www.srware.net/software_srware_iron_download.php
UAC ダイアログによる確認をなくして、よりスムーズに更新できるようにしました。

HTML5 メディアコントローラを改良しました。

パフォーマンスがさらに向上しました。

新しいタブページを試験実装しました。

タブ一覧ボタンが通常非表示になりました。

アプリタブの読み込みを制御できる設定を追加しました。

ページ内検索の強調表示が分かりやすくなりました。

スペルチェック辞書に追加した単語を取り消せるようになりました。

ダウンロードマネージャに URL を貼り付けて保存できるようになりました。
https://dev.mozilla.jp/2012/03/firefox12/
この圧縮・解凍ソフトは以下のURLからダウンロードする事ができます。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se107748.html
次のURLでDownload Portable Firefox 14.0a1 32-64 en-US Online from RapidShareをクリックしてNightly_Portable_14.0a1_32-64_bit_en-US_Online.paf.exeをダウンロードします。
http://portableappz.blogspot.com/2012/03/mozilla-firefox-140a1-32-64-bit-en-us.html

日本語化ファイルは探してみたのですけれど見つかりませんでした。
Firefox 14.0a1
11では全8件の脆弱性が修正されています。"Firefox 11" 不具合でググってみましたが不具合はなさそうでした。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20120314_518644.html
最新版に影響の恐れがある脆弱性の評価とWindows Updateによる影響を見極めるためです。
多数の深刻な脆弱性を修正しています。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20120313_518373.html
2件の脆弱性が修正されています。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20120312_518181.html
何故かここには今日の時点でFirefox 11があります。本体の方は最新版だと言っていますが。
http://portableappz.blogspot.com/2012/03/mozilla-firefox-110-multilingual.html
以下のURLでDownload Portable Firefox MultiVersion Multilingual Online from RapidShareをクリックしてダウンロード、実行します。
http://portableappz.blogspot.com/2012/03/mozilla-firefox-110-beta-7-multilingual.html

開いた入力欄に11.0b7を入力、インストールします。 日本語対応版でした。
主な変更点はPwniumで発見された脆弱性を修正した事です。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20120309_517699.html
全72件に及ぶWebKit関連の脆弱性も修正されています。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20120308_517316.html
#Chrome 以下のURLでDownload Portable Google Chrome MultiVersion Online on MediaFireをクリックしてChrome_Portable_MultiVersion_Online_Multilingual.paf.exeをダウンロードします。
http://portableappz.blogspot.com/2012/03/google-chrome-17096366-stable.html

ダブルクリックして開きVersion Number:の所に19.0.1061.1を入力してNextでインストールする事ができます。日本語対応版で上書き可能でした。
以下のURLでDownload Portable Firefox MultiVersion Multilingual Online from RapidShareをクリックしてダウンロード、実行します。
http://portableappz.blogspot.com/2012/03/mozilla-firefox-110-beta-6-multilingual.html

開いた入力欄に11.0b6を入力、インストールします。 日本語対応版でした。
2件の脆弱性が修正されています。次のページでインストールする事ができますが、オプションのチェックボックスはオフにする事を強くお薦めします。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
様々な不具合が修正された他、全17件の脆弱性が修正されています。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20120305_516578.html

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。