子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Firefoxと完全互換の高速起動が可能な軽量ウェブブラウザーです。次のURLでdepositfilesを選択してクリック、1分間待ちDownload the fileをクリックしてpalemoon-3.6.0.5-installer.exeをダウンロードしました。
http://www.palemoon.org/download.html

インストールすると自動的にFirefoxのブックマーク、パスワード、アドオン、ツールバーのカスタマイズ等を引き継ぎます。日本語化も可能ですが、現在の所英語版のままで使ってみる事にしました。

Pale Moonをインストールする事によってFirefoxが起動しなくなってしまったのです。Portable FirefoxですらFirefoxアイコンをダブルクリックするとPale Moonが起動してしまうのでした。インストール時と設定時の二回、既定のブラウザーではないと決めているにも関わらず、既定のブラウザーとして振る舞いますし。

こんな事態ですから仕方なくアンインストールする事にしました。これによって元のFirefoxが既定の状況に戻ったのです。
Pale Moon 3.6.0.5
スポンサーサイト
上書き可能で、次のURLよりダウンロードする事ができます。
http://portableapps.com/apps/office/openoffice_portable
上書き可能で、次のURLよりダウンロードする事ができます。
http://portableapps.com/apps/internet/google_chrome_portable
最新版の主な変更点は、HTMLを扱う際に使用中のメモリを解放してしまい、悪意ある任意のコードを実行できてしまう可能性がある脆弱性を修正した事等。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100226_351520.html

次のURLよりダウンロードする事ができます。
http://mozilla.jp/
これも以前に紹介したのとは違って、上書き可能です。
http://portableapps.com/apps/internet/seamonkey_portable

日本語版が選択できるようになりました。
http://portableapps.com/apps/internet/seamonkey_portable/localization
以前に紹介したのとは違って上書き可能なChrome Portableです。日本語対応しています。
http://portableapps.com/apps/internet/google_chrome_portable
Adobe Systemsはアメリカ時間の2月23日にAdobe Download Managerプログラムの深刻な脆弱性への修正を公開しました。

これが原因なのかは分かりませんが、さっき再起動から復帰した時にAdobe Flash Playerの新盤インストールがあるといった意味のダイアログが開いたのです。
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20409143,00.htm
1.Update for Right Management Services Client for Windows Vista (KB979099)、2.Windows Vista用セキュリティ更新プログラム (KB977165)、 3.Windows Vista用の更新プログラム(KB975929) 、4.Windows Vista用の更新プログラム(KB976264) 、5.Windows Vista用の更新プログラム(KB979306) でした。

何故か2にはチェックが入っていなかったのです。インストール後には再起動が必要でした。
私は日本でもこのパロットスクリーン制が成立すると良いと思っています。

選択画面にはGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Safari、IE8、Operaがあります。その他全部で12種類のウェブブラウザーが選択肢に含まれているとの事で。スクロールしないと表示できないのですがK-MeleonやSlimBrowserが含まれているはずです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/22/news012.html
アメリカAdobe Systemsは2月18日付のセキュリティ対策チームブログでAdobe Download Manager(DLM)にリモートからのコード実行に繋がる脆弱性があるとの情報について、調査を進めている事を明らかにしました。

Adobe DLMは同社がReaderとFlash Playerを配信するために使っているアプリケーションです。

例えばユーザーがAdobeのサイトからFlashのアップデートをインストールする際に、ゼロデイ攻撃の危険にさらされてしまう恐れがあるとの事です。

AdobeのWebサイトに設計上の問題があり、Adobe DLMを悪用して、Adobeや他社の製品を自動的にインストールさせてしまうことができるとの主張もあるのです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/22/news015.html
今日Firefox 3.6を起動したら最初のインストール後に現れる、インポートの選択画面が出てしまったのです。

キャンセルをクリックして起動させると、ブックマークとアドオンがありません。

クリーンインストールしてXmarksを検索すると見つからないと表示されてしまいました。

困ってしまったのですが、他のブラウザーのブックマークで確認すると、このアドオンはちゃんとあります。

再度検索、発見する事ができました。このアドオンでブックマークとパスワードデータを戻しました。

こんな不具合が続くようだったらOSの再インストールも考えなくてはならないと思っています。原因が分からないで試してみると、再現する恐れがあります。

その後の起動は正常にできているのですが。
以下のURLでDepositFiles.comをクリック、FREEをクリック、1分間待ってDownload the fileをクリックしてSeaMonkey_Portable_2.0.3.rarをダウンロードします。
http://portableturk.com/12866-seamonkey-2.0.3-final-portable.html

次のURLにSeaMonkeyでアクセスし、Language Packsの中のJapaneseをクリック、遷移したページでseamonkey-2.0.3.ja.langpack.xpiをインストールします。
http://www.seamonkey-project.org/releases/#langpacks

Edit、Preferences、AppearanceのShow Tooltips、User Interface Languageと書かれている場所のEnglish (United States)をプルダウンメニューからJapaneseに変更、OKで閉じその下に書かれている指示に従ってSeaMonkeyを再起動させます。
ユーザーのシステムで悪意あるコードを実行するのに利用される恐れがあるバグが含まれているとSecuniaは警告しました。

Secuniaによるとこのゼロデイ脆弱性はImmunityの進入テストソフトウェアCanvas用アドオンモジュールVulnDisco Packの一部として公開されました。

VulnDisco Packを開発したIntevydisは問題のバグに関する詳細を明らかにしていませんが、Secuniaは脆弱性の深刻度を非常に緊急としています。
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20408891,00.htm
次のURLにSeaMonkeyでアクセスし、Language Packsの中のJapaneseをクリック、遷移したページでseamonkey-2.0.3.ja.langpack.xpiをインストールします。
http://www.seamonkey-project.org/releases/#langpacks

その後SeaMonkeyを2.0.3に更新しました。

今度のヴァージョンは日本語版も作成されるようになったのです。
http://www.seamonkey.jp/download/
5件の脆弱性を修正したとの事です。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100218_349741.html
深刻度が同社の評価で最高となるCriticalと位置付けられた脆弱性を2件修正。

ヘルプメニューのアップデートの有無をチェックからインストールしました。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100217_349461.html
以下のURLからDepositFiles.comをクリック。
http://portableturk.com/12639-google-chrome-5.0.322.2-dev-portable.html

FREEをクリック、一分間待ってDownload the fileをクリック、Google_Chrome_5.0.322.2_Dev_Portable.rarをダウンロードします。

日本語対応版でした。
Google Chrome 5.0.322.2 Dev Portable
各種ウェブブラウザーのJavaScriptベンチの結果です。

対象となったのはOpera beta、Chromium、Chrome 5、Webkit、Chrome 4、Safari、Firefox 3.7 a2pre、Firefox 3.6、Opera 10.10とIE 8です。
http://japan.cnet.com/blog/kichi/2010/02/15/entry_27037407/
次のURLでSharingMatrix.comをクリック、FREEをクリック、約5分待つ事が必要でした。
http://portableturk.com/12428-opera-10.50.3248-beta-1-plugins-antibanner.html

認証用文字列を入力、GOをクリックしてOpera_Portable_10.50.3248_Beta_1_Plugins_Multilingual.rarをダウンロードします。

日本語対応版です。α版の時と違ってメニューバーが復活していました。
以下のURLでSharingMatrix.comをクリック、1分間待ちます。認証用文字列を記入してGOをクリックGoogle_Chrome_4.0.249.89_Stable_Portable.rarをダウンロードするのです。
http://portableturk.com/12432-google-chrome-4.0.249.89-stable-portable.html

日本語対応版でした。
詳細はリンク先を参照してください。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100212_348702.html
Adobe Flash Player 10.0.45.2
は以下のリンクから
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

Adobe AIR 1.5.3.1930
は以下のリンクからアップデートする事ができます。
http://get.adobe.com/jp/air/
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100212_348668.html
6件の脆弱性を修正したとの事です。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100212_348663.html
CarakanとよばれるJavaScriptエンジンを搭載し、JavaScriptの実行速度が約8倍高速化されたのです。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100212_348671.html
右上のスパナマークからOpen ChromePlus website and forumをクリックして次のURLにアクセス。
http://www.chromeplus.org/

CometPlus 1.3.7.0のDownloadをクリック。

ダウンロードしたCometPlus1.3.7.0.exeを右側の図形をクリックして開きます。

インストール画面になりますからCometPlusを終了。アップデートの過程を続けます。Google Chromeの元となったChromiumに準拠したと思われるウェブブラウザーです。

アップデートを知らせるページにbased on Chromium 4.0.295.0と書いてありました。
ChromePlus 1.3.7.0
以下のURLよりダウンロードする事が可能です。
http://www.qtweb.net/download.php

ツール、オプション、プライバシでユーザー名とパスワードを保存するにチェックを入れました。
QT Web Browser 3.3
以下のURLからSharingMatrix.comをクリック、FREEをクリック、一分間待って認証用文字を入力GOをクリックしてGoogle_Chrome_5.0.317.2_Dev_Portable.rarをダウンロードします。
http://portableturk.com/12151-google-chrome-5.0.317.2-dev-portable.html

日本語対応版でした。
Google Chrome 5.0.317.2 Dev Portable
Mozillaはアドオン提供サイトMozilla Add-onsに登録されていたアドオンの内、2種類にトロイの木馬が含まれていた事を明らかにしました。

トロイの木馬が発見されたのはSothink Web Video Downloader 4.0とMaster Filerです。

それぞれWin32.LdPinch.genとWin32.Bifrose.32.Bifroseという名称のトロイの木馬が検出されたとの事で。

両方のアドオンとも既に削除されています。インストールした事のあるユーザーに対して削除した上で、セキュリティ対策ソフトでトロイの木馬を削除して欲しいとしています。

推奨するセキュリティアプリケーションも明示しているのでした。
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20408171,00.htm
このFirefox系ウェブブラウザーは以下のURLよりダウンロードする事ができます。
http://www.cometbird.com/page/features.html

既にインストールしてある私はオートアップデート機能で知ったのですが。ヴァージョンアップはFirefox 3.6に遅れる事約17日でした。
私のパソコンはVistaですのでスタートメニューの検索ボックスに "C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe" -pを入力、Enterキーを押しました。

プロファイルマネージャーが立ち上がるので新しいプロファイルを作成をクリック、プロファイル作成ウィザードが表示されます。

最初のページの次へを押して、次のページで入力欄にプロファイルの名前を入力、完了を押しました。

プロファイルマネージャーの画面に先ほど作成したプロファイルが表示されたら、新しいプロファイルを選択、Firefoxを起動をクリックしてFirefoxを起動します。

当然の事ですが、ブックマークやアドオンはない状態です。

Xmarksでバックアップしてあったブックマークとパスワードを戻しました。まずはこれからです。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。