FC2ブログ

子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


ウェブブラウザーが乗っ取られるブラウザ・ハイジャッカーの事例が紹介されていました。

ネットユーザーとしては注意すべき事であると思うので、紹介する事にします。
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20399419,00.htm
スポンサーサイト



Opera@USB10.00の入手はこちらからどうぞ。日本語化するにはinternational versionが必要です。
http://www.opera-usb.com/operausbint.htm

OperaのヴァージョンはZip圧縮されたフォルダの形で配布されています。ですからダウンロードしたデスクトップのフォルダをダブルクリックして、ファイルを全て展開。展開後のフォルダを切り取ってUSBメモリー内に貼り付けるのです。もしくは展開先をUSBメモリーにする方法もありまして。

その後USBメモリーにできるOpera10usbをダブルクリック、フォルダを開きます。その中にあるoperausb.exeをダブルクリックする事によってOpera@USB10.00を起動できます。

日本語化の手順は以前と変化がありませんでした。検索を強いるのも考えものですので、再度載せる事にします。

ToolsからPreferenceを選びLanguage の右下にあるDetailsボタンを押します。そこから右上のChooseボタンを押します。

ファイルの場所選択画面が開きます。ファイルの場所はOpera10usbです。別のファイルが開いてしまうようだったらOpera10usbに選択しなおしてください。

下に並んだファイルの内localeをダブルクリックします。ファイルの場所が今度はlocaleになります。また下に並んだフォルダの中からjaをダブルクリックします。

次にファイルの場所がjaで名前がja.lngである事を確認します。ja.ligをダブルクリックしてください。Langageという名のボックスが開きます。下にはUser interface languageと書かれています。

そのボックス内でPreferred languages for Web pagesを日本語.[ja]の項目を選択してOKボタンを押すのです。以上で日本語化は完了となります。

 | BLOG TOP |