子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Webブラウザを変えるのはどういうときか」というタイトルのエッセイがあったので紹介する事にしました。
http://www.atmarkit.co.jp/news/200903/30/weekly.html

これを書いた人はIE8をインストールして十分ほど試してみたそうです。その後Mozilla Firefoxをいつも通りに立ち上げ、それ以来IE8は起動させていないとの事で。
スポンサーサイト
Firefox 3.0.8はこちらからダウンロードできます。
http://mozilla.jp/

先日、お知らせしたのよりは速く今日、公開されています。パソコンの起動時にアップデートが行われ、正常にブラウジングできているのでした。
今日、アクセスカウンターがこの数値をカウントしました。
JRE 6.0 Update 13が公開されました。次のアドレスからダウンロードしてアップデートする事が可能です。
http://java.com/ja/download/
深刻な脆弱性が発見されました。Mozillaは修正パッチの開発を急いでいます。

脆弱性はXSLT Transformを処理する時のメモリ破損エラーに起因します。この問題を悪用する事によって、攻撃者が細工を施したウェブページにユーザーをおびき寄せ、ブラウザーをクラッシュさせたり任意のコードを実行できてしまう可能性があります。

影響を受けるのはFirefox 3.0.7までのヴァージョン、SeaMonkey 1.1.15までのヴァージョン。

脆弱性を解決したFirefox 3.0.8は3月30日から4月1日の間にリリースされる予定です。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/27/news028.html
このような内容のページがありました。Mozilla Firefox、Google Chrome、Apple Safari、Opera等のユーザーに乗り換えを促す魅力があるかどうかは疑問であるとの事で。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0903/23/news075.html
3月18日、SeaMonkeyプロジェクトは新しいヴァージョンを公開しました。以下のアドレスからダウンロード可能です。
http://seamonkey.mozilla.gr.jp/

Opera 10 alpha

デスクトップ版で試すのには抵抗がありました。何といってもまだα版ですし。なのでOpera Portableを使用してみる事にしたのです。

opera-portable-personal-10.00-alpha.exeのダウンロードはこちらから。
http://www.kejut.com/operaportable

USBメモリーで使うにはPersonalを選びます。フォルダをダブルクリックすると以下のようなダイアログボックスが開きました。

Welcome to Opera Portable (Esc to exit)というタイトルでPlease select an Opera Portable profile or type a new one:と書いてあります。

その下にはNew Profileとありますから、そのままStart!をクリック。次の起動画面が表示されました。画像全体を見るためにはクリックしてください。
Opera 10.00 alpha

IE8

IE8の正式版が公開されるのは、日本時間では20日になります。現時点でダウンロードできるのはRC1でしたから。それに伴い報道が増えました。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/03/19/ie8announce.html
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/cnet/20090319-OYT8T00775.htm

新しいヴァージョンではWebスライス機能、アクセラレータ機能、Safty Filter機能、InPrivate機能等が追加されています。

私がIE8を使うのはOSがWindows 7になってからになる事でしょう。
Lunascape(株)は18日に正式版を公開したのです。Trident、Gecko、WebKit、この3種類のレンダリングエンジンを搭載している事がうたいです。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/03/18/lunascape5.html

私は別のウェブブラウザーで各レンダリングエンジンを使用する事ができているので、魅力を感じません。
Google はChrome 2の次期ヴァージョン、初めてのβ版を公表しました。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/03/18/chrome2beta.html
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0903/18/news074.html

このβ版は正式版を置き換えるようにインストールされてしまうのだそうです。またウェブから直接インストールするClick Oneインストーラーを利用。ブラウザーの種類によっては正常にインストールできない事があり、この場合にはIEを使用すれば良いそうです。

私がChromeをインストールしたのはFirefoxを使用してなのですが。

ちなみに私は正式版が出るまで手を出すつもりはありません。
http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0903/17/news036.html
最新のウェブブラウザーに対する速度テストでは、性能の差が1000分の1秒単位で計測されているからです。ブラウザー間の速度の差はごく僅かなものでしかないという事でしょう。

ですがIE7は事実として遅いブラウザーだと感じているのです。
Portable_Google_Chrome_2.0.169.1.exeのダウンロードはこちらからどうぞ。
http://stadt-bremerhaven.de/2009/03/15/portable-google-chrome-201691/
Portable Google Chrome 2.0.169.1
ダウンロードにはこのサイトを使用したのです。
http://download.cnet.com/Spybot-Search-amp-Destroy/3000-8022_4-10122137.html?idl=n

再セットアップに伴いSpybot 1.6を使う事にしました。その前には1.5を使用。毎回ヴァージョンアップをせずに古いまま使い続けてきたのです。以前にも最新版は初めの内、不具合がある事を知っていたので。

インストール時に追加タスクの選択があります。Permanent protection:のUse system settings protection (TeaTimer)はチェックを外す事にしました。

これは常駐保護機能です。これが有効だと不具合が出る事があるのだそうで。

私がSpybotに最も期待しているのはImmunize -免疫機能。使用しているブラウザーすべてではないものの、大半を保護するからでして。

インストールと使用に関して、参考になるサイトの記述を見つけましたから紹介する事にします。
http://enchanting.cside.com/security/spybot1.html
Firefox_Portable_3.1_Beta_3_ja.paf.exeは次のURLからダウンロードする事ができます。
http://portableapps.com/apps/internet/firefox_portable/test/localization

先日、ドイツ語版の日本語化を書いた時点ではまだ公表されていなかったので。今日確認してみた所、日本語版があったという訳なのです。

Portable Firefox 3.1 Beta 3の起動画面です。画像全体を見るためにはクリックしてください。
Portable Firefox 3.1 Beta 3日本語版
3月20日になったとの事です。これ以上のコメントは控えさせていただきます。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20389877,00.htm

別な情報。Microsoftは3月12日に、ページ読み込み速度がIE8はGoogle ChromeとFirefoxよりも速かった主張しています。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/13/news030.html
SeaMonkey_2.0_Alpha3_deutsch.exe のダウンロードはこちらからどうぞ。

SeaMonkey Portable 2.0のクレジットです。画像全体を見るためにはクリックしてください。
SeaMonkey Portable 2.0 Alpha 3 deutsch

Portable_Firefox_3.1_Beta_3deutsch.exeを次のサイトからダウンロードします。
http://stadt-bremerhaven.de/2009/03/12/firefox-31-beta-3-und-portable-firefox-31-beta-3-erschienen/

jlp_20090126.xpiを以下のサイトからダウンロードします。通常の左クリックでは駄目で、右クリックする必要があります。Firefoxの場合は「名前を付けてリンク先を保存」を使用するのです。
http://code.google.com/p/minefield-jlp/downloads/list

そしてそのjlp_20090126.xpiをFirefox 3.1 Beta 3の画面内にドラグアンドドロップしてください。その後Japanese Language Packがインストールされた状態になります

アドレスバーに about:config と入力、Enterです。以下の警告が出るので注意してください。
「Hier endet moglicherweise die Gewaahrleistung!」で始まるメッセージです。下に表示される「Ich werde vorsichtig sein,versprochen !」をクリックする事によってクリアできます。

Filter:の下に並んだ項目の内general.useragent.localeをダブルクリック。

Geben Sie einen string-Wert einというダイアログボックスが開きます。そこにはgeneral.useragent.localeと書かれています。その下の欄にあるdeをja-JPに変えるのでした。このダイアログボックスはOKで閉じてください。

Firefox neu startenでFirefoxを再起動します。これで日本語化は終了。

Firefox 3.1 β3について次のような情報がありました。『本ベータ版はテスト目的で公開されており、開発者やテスター以外の利用は推奨されていない。』との事です。なのでこのポータブル版を試してみるのも一つの方法。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/03/13/firefox3beta3.html

Portable Firefox 3.1 Beta 3
アメリカApple Inc.は11日に第3世代iPod shuffleに対応したiTunes 8.1を公開しました。

私のApple Software Updateがチェックする前に、この記事を見つけて知ったのです。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/03/12/itunes81.html

DAAPプロトコルの処理に脆弱性があって、特別に細工されたメッセージを送信する事でサーバーをダウンさせるDos攻撃が可能になる問題等が修正されました。
次のURLからダウンロード可能です。私はさっきアップデートの通知があったので知りました。
http://www.cometbird.com/page/features.html
Portable_Google_Chrome_2.0.169.0.exeのダウンロードはこちらからどうぞ。
http://stadt-bremerhaven.de/2009/03/10/portable-google-chrome-201690/

相変わらずこのFCブログのパスワードはインポートできません。

Google Chrome開発者向けヴァージョンについて以下のような記述がありました。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20389656,00.htm
Portable Google Chrome 201690
アメリカAdobe Systemsは10日に、PDFビューワーAdobe Readerの最新版を公開しました。

2月19日に同社が公表した脆弱性が修正されているとの事で。既にこの脆弱性を悪用した攻撃も確認されているそうです。

デンマークのセキュリティベンダーSecniaによれば、今回の脆弱性はPDF文書に含まれるJBIG2画像の処理に問題があるとの事です。

脆弱性の危険度は最高のExtremely criticalに位置づけられているのでした。
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20389685,00.htm
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/11/news027.html

Adobe Reader 9.1は次のアドレスから入手可能です。
http://get.adobe.com/jp/reader/
Mozilla Foundationは3月6日にFirefox次期ヴァージョン番号を3.5に変更する事を明らかにしました。新JavaScriptエンジンTraceMonkeyのバグが取り切れず開発計画が滞っている事による変更とされています。

この情報は既に確認してあったのですけれど、再セットアップに紛れてお伝えするのが遅れたのでした。
http://mozlinks-jp.blogspot.com/2009/03/firefox-35.html
http://www.nikkeibp.co.jp/it/article/NEWS/20090310/326238/
今日は3月10日で第2水曜日ではありませんから、通例の定時アップデートではないと思われます。ネットでパソコン系の情報サイトを見てみましたが、この件に関しての言及はありませんでしたし。

内容は以下の5件でした。
Windows Vista用の更新プログラム(KB952709)、(KB957200)、(KB955302)、(KB951978)、Windows Vista用Windowsサーチ 4.0(KB940157)。2番目と3番目が種類は推奨、後は重要。

更新後には再起動が必要だったのです。
Portable_Google_Chrome_2.0.168.0.exeの入手はこちらからどうぞ。
http://stadt-bremerhaven.de/2009/03/08/portable-google-chrome-201680-developer-build/

情報が遅れてしまいましたがそれは前日の日記で書いた通り、再セットアップをしていたためです。

今日、ネット接続していない状態でGoogle Chromeを起動して気がついた事があります。

それはこのブラウザーにはブロードバンド環境への接続ダイアログを出す機能がない事で。

Firefoxを起動させて、ネット接続を確立するまでインポートしたブックマークにアクセスできない状態だったのです。

ネット接続を切った状態だと、デスクトップ版でもこのウェブサイトはご利用いただけません。と表示される始末でした。
Portable Google Chrome 201680
次のURLで日本語版が入手可能です。Firefoxのアドオンを使用する事ができるブラウザー、以前に入手元を紹介した事がありますが、今回再セットアップに当たってインストールする事にしたのです。
http://www.cometbird.com/page/download.html

実際に使ってみると他のサイトで書かれていたような『重く、かなり度々フリーズする、アボートする、出来が悪い』という事はありません。

この日記もCometBirdで投稿しているのです。

CometBirdの終了時に開いているタブを保存して次回起動時に復元しますか?というダイアログが開きます。次回からは確認しないにチェックをして終了を選ぶ事にしました。

CometBirdのクレジット。
CometBird 306
セキュリティ企業のSecunialによると以下のような結果が出ました。

MozillaのウェブブラウザーFirefoxにおける脆弱性の数について2008年はIE、Safari、Operaのバグを合計したのより多く発見されたが、マイクロソフトよりも対応が早かったとの事です。
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20389465,00.htm
Opera@USB9.64の入手はこちらからどうぞ。日本語化するにはinternational versionが必要です。
http://www.opera-usb.com/operausbint.htm

OperaのヴァージョンはZip圧縮されたフォルダの形で配布されています。ですからダウンロードしたデスクトップのフォルダをダブルクリックして、ファイルを全て展開。展開後のフォルダを切り取ってUSBメモリー内に貼り付けるのです。もしくは展開先をUSBメモリーにする方法もありまして。

その後USBメモリーにできるOpera964intをダブルクリック、フォルダを開きます。その中にあるoperausb.exeをダブルクリックする事によってOpera@USB9.64を起動できます。

日本語化の手順は以前と変化がありませんでした。検索を強いるのも考えものですので、再度載せる事にします。

ToolsからPreferenceを選びLanguage の右下にあるDetailsボタンを押します。そこから右上のChooseボタンを押します。

ファイルの場所選択画面が開きます。ファイルの場所はopera964intです。別のファイルが開いてしまうようだったらopera964intに選択しなおしてください。

下に並んだファイルの内localeをダブルクリックします。ファイルの場所が今度はlocaleになります。また下に並んだフォルダの中からjaをダブルクリックします。

次にファイルの場所がjaで名前がja.lngである事を確認します。ja.ligをダブルクリックしてください。Langageという名のボックスが開きます。下にはUser interface languageと書かれています。

そのボックス内でPreferred languages for Web pagesを日本語.[ja]の項目を選択してOKボタンを押すのです。以上で日本語化は終了となります。

Opera@USB 9.6以降になってからでしょうか。その後で設定というダイアログが開くように変わりました。特に問題を感じないのでキャンセルでこのダイアログは閉じています。

Opera@USB9.64の起動画面です。画像全体を見るためにはクリックしてください。

Mozillaは4日にウェブブラウザーFirefoxの最新版であるヴァージョン3.0.7を公開しました。8件のセキュリティ問題が修正されています。

メモリ破壊等の脆弱性によりFirefoxを強制終了させてしまったり、任意コードの実行を引き起こすおそれがあるのです。

その他、一部のCookieが数日後に消えてしまう不具合、アクセシビリティ機能に関するいくつかの問題が修正されました。
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20389374,00.htm
名前がWindows Live、Windows Live Sign-In Assistantの更新プログラム(KB 967912) 種類が重要、発行日は昨日です。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。