子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エラーダイアログが頻発する不具合があったiTunesですが、新たなヴァージョンによって修正を図ったのです。何回かのアップデートをキャンセルしてきたのですが、今回は導入する事にしました。

私はFirefoxのプラグインとしてQuicktimeが必要なのであってiTunesはさほど必要な訳ではありません。ですから滅多に使いません。しかし組み合わせてのアップデートしかできないので、仕方なくしている次第です。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/31/itunes771.html
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/41178.html
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080731/apple.htm
スポンサーサイト

Mojave Experiment

これはMSがVistaに対して懐疑的なXPユーザーに対して行った事です。同社の新オペレーティングシステムとしてMojaveというコードネームのWindowsを見せるプロジェクトでした。

それを見せた後で実はVistaであった事を明らかにしたのです。見る前にはVistaに対して極めて懐疑的なインプリンティングを受けているようだった人々が、見た後ではほとんどの場合好意的な反応を示していました。

もちろんMSの自作自演であるという疑いは消しようがありません。ですが全くの虚偽だとも思えないのです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/30/news021.html
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20378013,00.htm
それは二足折りに命中増強の特殊効果を付加した物でした。ラストダンジョンである冥界のクモの森に出現する偽物の大地の使徒、通例に従いラスボスと呼ぶ事にしますが、クシドーラと影の選ばれし者、これら全てが二足歩行する存在だからです。

二足折りは属性攻撃よりも消費精神値が少ないので。またクシドーラは絶えず属性が変化しますが、それにあわせてこちらの聖魔を入れ替える必要がなくなるのでした。

ネット上にある情報や、攻略本の情報ではラスボス戦に主人公を参戦させるのは危険だとあります。しかし私は主人公のアイテム使用能力で、聖魔の精神値を回復させて戦いました。それでクリアできたのです。

クリアしてからの感想なのですすが、ゲームとしてはいまいちでした。敵が複数登場するシーンでも味方側は一体しか参戦させる事ができないのです。三体も登場すると三回攻撃が必ず来ます。

もっと本質的な部分ですが、宇宙論に共感する事ができなかったのでした。といいましょうか、文化人類学的、あるいは呪術的な世界設定を狙ったのでしょうけれど、それがうまく反映されていないのです。

つまりこちらの無意識に届かなかったのですよ。

プレイ前にネットで検索して調べていたら、PSを使って遊ぶと、ロード時間が長いとの事が書かれていました。しかし使用したのがPS2であったためかさほどロードに必要に時間はかかりませんでした。他のPS2ソフトであるマナケミア2でも同じくらいのロードはしていましたから。
ソニーが開発した独自エンジンのタブブラウザです。パソコンと同様に使う事のできるテレビに特化したウェブブラウザを目標に開発を進めてきたのだそうです。

2006年の発売当時には動作が遅かったり、表示できないサイトが多いなどの問題があったとの事です。改良を重ねてパソコン代わりの利用も増えてきたといいます。

ライバルのWiiは組み込み型のOperaを搭載しています。ソニーはあえて独自エンジンを採用しているのでした。

私はまだ、いやもしかするとずっとPS3を買わないかもしれません。なので自分で試してみる事ができないのです。ですから情報と情報源の提示をします。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/28/news016.html
ソースがなくなってしまったため、サポートが中断していたBagelがヴァージョン0.5として、公表されていました。サポートするのはWindowsXP SP2とVistaだけになっていたのです。
Bagel

あるサイトでソースが再度見つかったという噂も読みました。開発履歴を読むと、数日間の内に多くの変更が加えられているようです。

興味が全くない訳ではありません。Geckoエンジンのブラウザでもありますし。ですが現在、私は必要とするだけのブラウザ数が足りているのです。

やたら重くなったという説もありました。ですから当面は手を出さない方針で行こうと思うのです。
Microsoftが出荷予定を明言しました。Vistaの一般発売から3年以内に出せるだろうとも語っています。
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20377781,00.htm
Secuniaは7月23日、AppleのSafariに未パッチの脆弱性が発見された事を公開しました。深刻度はさほど高くないようです。

ですが不審なウェブサイトの閲覧、信用のおけないリンクをたどるといった事は、避けるべきであると伝えられています。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/24/news028.html
これはgooのサービスです。ですがブログ通信簿を作ってみるを選んでも、「あなたの最近のブログが見つかりません。」と表示が出て、通信簿が作成できないのでした。
http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo.rb

goo ブログ以外のブログをご利用の方は、次のURLまでpingをお送りくださいとあるのです。ですがそのアドレスにアクセスしても次のように表示されるだけでした。
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
ブラウザによるのかとも考え、IE7でも試してみましたが、結果は同じ事でした。
四周目にして引っかかってしまいました。学生課で最初に受講する講義を選択できなくなってしまったのです。

攻略サイトで五周目になるとバグがあるとの情報は得ていたので、それ以前の四周目で切り上げる予定だったのですが。
http://manakhemia2.dip.jp/index.php?%A5%D0%A5%B0

講義を選択できないと、ゲームを進める事が全くではありませんができなくなります。なのでメモリーカードをユーザーサポートに宅急便の着払いで送りました。

ユーザーサポートに電話で質問した時には、四日で終わるとの事でしたが、お盆の休みが間に入ってしまったりしたせいか、六日かかって今日、メモリーカードが返ってきました。

まだ、正常になったかどうかのチェックはしていないのですが、相手もプロです。ほぼ間違いなく、修正されている事でしょう。

同封の書類によれば、これを周回バグとよぶそうです。
XPのSP3はまだ入れるつもりがないのです。勝手にインストール画面になりそうになるSP1には、もう我慢ができず、インストールしてしまいました。発表から数ヶ月経つ事もあり、もう大きなバグは残っていないだろうと考えたのです。

インストール全体は30分ほどで終了しました。再起動後のステージ3段階が長かったのです。無事、起動したから良かったようなものの、サービスパック導入は博打のようなものである事を再認識しました。
グリムスで育てていた樹が成長して大人になったのです。過去の書き込みをチェックした所育て始めたのは5月1日でした。三ヶ月経たずに成長が終わった事になります。

十日程はこのまま大人の樹が表示されるのだそうです。その後、また新しい樹が生育を始めるとの事がメールでグリムス運営チームから メールで伝えられました。
これはPSのゲームです。一律300円で売っていたのが、改装に伴う閉店セールで半額になっていたので結局、150円で買いました。

まだ最初の方しかプレイしていないので、確実にこうだとはいえないのですが。ナウシカ、もしくはもののけ姫の森を舞台にしたRPGですね。主人公は繭使いです。ゲーム内に出現するモンスターを封印する事ができます。

育てゲーともいえるのですが、戦闘開始時には主人公しか戦闘に参加していません。モンスターは召還するのです。主人公の能力の内、成長するのはこの封印能力だけです。アイテムを使用する事によって、ヒットポイントは上がりますが。戦闘能力などは武器、防具、装身具によって変化するだけでした。

攻略本も買ったのですけれど、ネット上にも攻略サイトはありました。ここです。
http://www.genki.co.jp/games/mayu/faq/top.html
Flock本体が日本語対応になった事は書いた通りです。ですがPocketFlockは英語版のままでした。調べている内に日本語化する手段が分かったので報告します。

まずPocketFlockをダウンロードしてインストールします。配布されているものはFlock1.1ですので、ソフトウェアの更新を確認して最新版にアップデートする事が必要になります。
PocketFlock

それから次のサイトへ行き、日本語化ファイルをダウンロードします。
http://et-dev.main.jp/index.php?Flock%C6%FC%CB%DC%B8%EC%A5%D1%A5%C3%A5%AF
このサイトで説明されているドラグアンドドロップではうまくできなかったのでした。

なので次の方法をとったのです。ファイルメニューのOpen Fileからデスクトップを選択、ja-fl-1.2.3r003.xpiの名前がついたファイルを選択して開くを選びました。するとInstall画面になります。インストール後にRestart Flockと再起動をうながされるのでした。

再起動後には日本語化がすんでいるのです。
次のサイトでインストールできます。これをインストール後アップデートした時には、Tab Mix Plusが無効になるとの表示は出ませんでした。

アップデート後もTab Mix Plusは正常に使用できています。
http://mozilla-ext-ja.way-nifty.com/blog/2008/07/tab_mix_plus_de_e3b9.html
Mozillaは16日、Firefoxの最新版3.0.1を公開したのです。ウィンドウズに関係した脆弱性は、昨日Firefox 2.0.0.16について書いたのと二件が同じです。

印刷についての不具合も含まれていますが、プリンターを持たない私には関係ありません。

また今回のアップデートを適用すると、Tab Mix Plusの開発版を導入しているのが無効になってしまうとの事でした。なのでしばらく見送る事にしたのです。

Tab Mix Plusについてはこちらを参照してください。一番下にあるリンクが確答するものです。
http://tmp.garyr.net/dev-builds/

この件に関する報道を以下に。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/17/firefox301.html
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20377479,00.htm
SeaMonkeyプロジェクトは新しいヴァージョンをリリースしたのです。直前に書いたFirefox 2と同じレベルの修正をしたとの事で。
http://seamonkey.mozilla.gr.jp/
もうFirefox 2系のブラウザで使用中のものはXeroBank Browserだけです。Firefox PortableもFirefox 3に変えたので。

ですが今回、修正される二件の重大な脆弱性はFirefox 3にも存在するのだとの事です。次回のヴァージョンで修正されるそうですが。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/16/firefox2.html
Flock, Inc.は14日、FirefoxをベースにしたブラウザであるFlock 1.2.3の日本語版を発表したのです。私は以前からFlock英語版を使用していたため一度、Flockをアンインストールしてから導入する事にしました。

ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://www.flock.com/versions

Firefox 3に基づいたFlock 2は今年の秋頃に公開される予定だそうです。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/15/flockjap.html
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20377240,00.htm
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/15/news077.html
次のサイトでSeaMonkey Portable 1.1.10をHierと書かれた所をクリック、SeaMonket_Portable_DE.exeをダウンロードしました。
http://www.office-center-epj.de/portable/index.html
自己解凍型フォルダであるようで7-Zip self-extracting archiveというダイアログボックスが開きます。ExtractをクリックするとSeaMonkeyPortableフォルダができました。

seamonkeyフォルダの中のseamonkey.exeをダブルクリックしたのですが開いたのはハードディスクにインストールしてあるSeaMonkeyだったのです。

これはドイツ語のアプリケーションなので、日本語化する事が必要ではないかと考えたのですが。
少し前に書いた事の続きであるのをお断りしておきます。

IDとパスワードを保存しているsigons3.txtとkey3.db。ブックマークであるplaces.sqlite。アドオンが保存されているextensionsフォルダ、この四種類だけをFirefoxのプロファイルからコピー、Portable FirefoxのDataフォルダの中にあるprofileフォルダを開いて貼り付けました。

アドオン自体は移植できましたが、設定は別にあるらしく、再度する事が必要でした。

このバックアップする内容を限定した方法だと、Portable Firefoxの動きは遅くならずにすんだのです。
今、これを書いているパソコンはOSがVistaです。これの前に使用していたXPのパソコンはもう予備機になっています。

ウィンドウズアップデートの時にしかスイッチを入れる事はありません。しばらく前からウィンドウズアップデートの時にSP3をインストールしろといわれるようになりました。

なのでウィンドウズアップデートの時にはカスタムを選んで、SP3以外のプログラムをインストールしています。

そのパソコンはCPUがAMDである事もあってSP3を無事導入できるかどうかが不安なのです。このような理由でSP3にしないと、ウィンドウズアップデートが受けられなくなるまで、しないですませる予定なのでした。

マイクロソフトは自動アップデートでXP SP3の提供を始めるとの事ですが。
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07microsoft/story/0,3800083079,20377000,00.htm
FlockはMozilla Firefoxのソースコードを利用したウェブブラウザです。ですがヴァージョンアップしてもFirefoxのようにニュースにはなりません。

私がFlockのヴァージョンアップを知るのは自動アップデート機能が新ヴァージョンが出たと告げる時なのです。7月3日に新しいヴァージョンになったのですが、私がそれを知ったのは昨日の事なので。

Flockを使用中にオートアップデートが働いたので分かりました。

公式サイトはこちらです。
Flock
Opera@USB9.51の入手はこちらからどうぞ。日本語化するにはinternational versionが必要です。
http://www.opera-usb.com/index.htm
OperaのヴァージョンはZip圧縮されたフォルダの形で配布されています。ですからダウンロードしたデスクトップのフォルダをダブルクリックして、ファイ ルを全て展開。展開後のフォルダを切り取ってUSBメモリー内に貼り付けるのです。

その後USBメモリーにできるOpera951intをダブルクリック、フォルダを開きます。その中にあるoperausb.exeをダブルクリックする事によってOpera@USB9.51 を起動できます。

日本語化の手順は以前と変化がありませんでした。検索を強いるのも考えものですので、再度載せる事にします。

ToolsからPreferenceを選びLanguage の右下にあるDetailsボタンを押します。そこから右上のChooseボタンを押します。

ファイルの場所選択画面が開きます。ファイルの場所はopera951intです。別のファイルが開いてしまうようだったらそうなるように選択してください。

下に並んだファイルの内localeをダブルクリックします。ファイルの場所が今度はlocaleになります。また下に並んだフォルダの中からjaをダブルクリック します。

次にファイルの場所がjaで名前がja.lngである事を確認します。ファイル名は選択した状態だとenglish.lngになっています。

ja.ligをダブルクリックしてください。Langageという名のボックスが開きます。下にはUser interface languageと書かれています。

そのボックス内でPreferred languages for Web pagesを日本語.[ja]の項目を選択してOKボタンを押すのです。以上で日本語化は終了となります。

Opera@USB 9.51のスタート画面です。画像全体を見るためにはクリックしてください。
Opera@USB 9.51スタートページ

プロファイルフォルダをコピーして貼り付ける方法が、うまくいかなかった事について以前に書きました。

次のサイトに書かれた内容を参考にした所、解決したのでお知らせする事にしました。この項目です。Copying Your Local Firefox Settingsに書かれている delete the file FirefoxPortableSettings.ini。
http://portableapps.com/support/firefox_portable#local_profile
つまりFirefoxPortableSettings.iniを削除するという事です。

ここまで書いた所で原因不明の不具合が発生したのです。上記の操作を行って一度は円滑に起動したのですが、その後、また緩慢な動作に戻ってしまったのです。

理解できない現象なので、また何か分かったら、ここに書く事にします。
SeaMonkeyの新ヴァージョンが出ました。今回はFirefox 3に対応したものになるかと、期待していたのですがFirefox 2と同じレベルの修正にとどまるのだそうです。

SeaMonkey 2では自動更新機能も組み込まれる予定だとの事なのです。
http://seamonkey.mozilla.gr.jp/

Opera 9.51

Opera Softwareは現地時間7月3日にOpera 9.51を公開しました。新ヴァージョンでは数件のセキュリティ上の脆弱性が修正され、若干の安定性に関する問題も解決されているとの事です。
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20376590,00.htm
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/04/news030.html

ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://www.opera.com/download/
それはWeave 0.2です。Mozilla Labsは6月30日、Firefoxの各種設定をインターネットを介して、同期できる拡張機能Weave 0.2.0を公開しました。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/02/weave.html
ビスタでの動作が確認済みだとの事です。これはMozillaが運営するオンラインサービスを通じて、複数のパソコンにインストールされたFirefoxの設定を同期します。

現在の所、ブックマーク、履歴、クッキー、開いているタブが同期できるとの事です。その他、実験的にウェブフォームへ書き込んだデータや、パスワードの同期にも対応しているそうです。

この拡張機能は開発版で、テスト目的に限り利用できるのでした。不具合により、データが破壊される可能性もあります。

オンラインサービスの利用にはアカウントが必要です。その後の詳細については上に上げたリンク先を参照してください。

私のもう一台のパソコンはOSがXPであるため、このサービスを利用する事ができません。

https://services.mozilla.com/
6億3700万人のウェブユーザーが最新ではないウェブブラウザを使用しているのだとの事です。それでより多くのウェブベースの攻撃にさらされてしまっているのでした。

ブラウザがハッカーによる攻撃のターゲットとされるケースがこのところ大変多くなっていて、成功率もとても高いのだそうです。

調査の結果、ユーザー全体のおよそ四割が安全性に欠けるブラウザを使用しているのでした。中でもきちんとアップデートせず、危険な旧版を使用し続けている人の割合が最も高かったのはInternet Explorerユーザーでした。

各ブラウザの利用者の内、最新版を使用している割合はFirefoxが92%でした。その他のブラウザについても、データーは載っていますから参照してください。

しかし、この数値は必ずしも最新版がFirefox 3を意味しているとはいえないのではないかと思うのです。
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20376450,00.htm

次のページの情報によると、この調査は去年の一月から今年の六月にかけて行われた事が分かります。すると先ほど私が推測した事が間違ってはいないのが裏付けられました。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/02/news030.html
先日XeroBank Browser 2.0.0.15が発表されている事に気づきFirefox Portable 2のアップデートを試みた所、最新版であるとのメッセージが出てしまいました。
http://xerobank.com/xB_Browser.php
今日、窓の杜のニュースで、新しいヴァージョンが出た事を知り、再度試してみたのです。デスクトップで使用しているFirefoxはもう3なのでして。

Firefox 2の更新は12月中旬までだそうです。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/02/firefox2.html

Safari Portable

以前にこのブログで取り上げた、Safari Portableですが、起動しないのはOSがVistaの場合である事が分かりました。XPならば普通に作動するのです。ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://reloaded13.blogspot.com/
説明の一番下にあるLink1、continue to rapidshare.comの順にクリックします。Freeをクリック。次のページに来たらDOWNLOADをクリックです。

ですがFirefoxのブックマークをインポートする事はできていませんでした。もちろんFirefoxがインストールしてあるパソコンです。

今回のヴァージョンにはSoftwareUpdate.exeも含まれるようになったので、Apple Software Updateを通じてしかアップデートする方法のないSafariを管理しやすくなったといえるでしょう。

検索してVistaで起動するSafari Portableが他にもあったのですけれど、ヴァージョンが古いのです。セキュリティ・ホールが残るのはブラウザとしてどうかと思います。一応、紹介だけしておきましょう。
http://w14.easy-share.com/11189521.html
Please enter code:の右側にある入力欄に、その上に書いてある英文字を入力します。

http://www.badongo.com/file/9345090
ページの右中、やや上にある上のテキストを入力しますの右側にある入力欄に、その上にある英文字を入力、ここにファイルをダウンロードをクリックです。

待ち時間が発生しますから、待ちましょう。その後開くページの下にあるここにファイルをダウンロードをクリックします。

今回、紹介したものは三つともrar形式で圧縮されたフォルダが配布されていました。私はLhaplusで解凍したのです。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/lhaplus.html

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。