子猫時計


プロフィール

伶

Author:伶
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

フリーエリア


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FirefoxにNetscape9の機能だったLink Padを追加するアドオンについて2月26日に触れました。それが普通にインストールできるようになっていたのです。ただしまだ日本語化はされていませんでした。使用法についてはだいたいの事が書かれています。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/02/29/linkpad.html
ライブラリサイトFirefox Add-oneからダウンロードして確認しました。窓の杜ではXPで動作確認したとの事ですが、ビスタでも動きます。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/6397
スポンサーサイト
マイクロソフトの新ブラウザIE8は2008年の前半に発表される予定だとの事でした。XPへのIE7自動配信が始まった裏にはこれも関連していたのでしょうか。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20368132,00.htm
アメリカAOLはNetscapeブラウザシリーズの歴史を保存するウェブサイトNetscape Archiveを開設したとの事です。このサイトではNetscape4.78からNetscape9.0.06まで各ヴァージョンの配布ファイルも公開されているそうなのです。

Add-oneのページではNetscape Navigator9の各機能をFirefoxとFlockで再現するための拡張機能が紹介されています。ほとんどは既存の拡張機能ですが、新たにNetscape Link Padを公開したとの事です。

Netscape Link Padは後で読みたいリンクを簡単に保存できる機能です。理由はこのページで明らかにされていますが、インストールするにはFirefox Add-onsのアカウントが必要なのでした。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/02/26/netscape_archive.html
The Netscape Archive
http://archive.netscape.com/
MicrosoftはIE8Beta1を一般向けにも提供する予定だとの事です。ですがその前に招待者限定のテストプログラムを案内するのだそうです。

それを伝える招待状ではIE8Beta1は開発者を対象にしていると説明されているとの事でした。
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07microsoft/story/0,3800083079,20368028,00.htm

最初の5000人

『2004年11月に1.0が登場した Firefoxのダウンロードが5000件を突破したのは、2005年4月』
http://www.atmarkit.co.jp/news/200802/22/firefox.html
私がFirefoxを使い始めたのは2005年当初です。ですから初めの5000人の一人である事になります。日本では未だに10%強のユーザーしかいないそうですが。
Firefoxのダウンロード数が5億件を超えたとの事です。ユーザーの一人として喜ばしいと思うのでした。

ダウンロード数がそのままユーザー数にはなりません。私は二台のパソコンにFirefoxをインストールしていますがダウンロードした回数は五回以上になります。

再セットアップに伴って、プロファイルを削除するに当たってアンインストールが必要だったので再インストールのために、アップグレード時に必要だったのでといった理由でダウンロードしました。

ですが使用者が増えた事も確実です。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0802/22/news090.html
Netscape Navigatorは3月1日でサポートが終了します。Netscape9を使用していて更にそれ以前からFirefoxを使っていた人は、Netscape9のデータをFirefoxに引き継ぐ事ができません。処理としては可能ですがFirefoxがNetscape9と同じになってしまうからです。

Netscape9の設定などを移行できるブラウザにはFlockもあります。私がFlockをインストールした時にはまだインポート元にNetscape9を選択する事ができなかったのでした。

ですが今回Netscape9は最終アップデートに際してFirefoxとFlockにそのまま移行可能なようになったのです。

私はFlockのインポート元にFirefoxを指定しました。IDとパスワードなどはNetscape9に登録してあったものを手動で入力したのです。前述の処理によってこの手間が必要ではなくなったのでした。

ご存じだとは思いますがFlockの日本語版は今の所存在しません。しかしFirefoxと同じソースコードに基づいて作成されたブラウザですからメニューなどはほとんどFirefoxと同じです。一部Flock固有の機能に関してはFirefoxと異なる部分があるかもしれません。

この英語の文はFirefoxで見たあの事だといった推測が可能です。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/21/news019.html

http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/02/21/netscape9006.html
VistaでWindows Updateをするとそれが原因で何度も再起動を繰り返すようになる不具合があるのだとの事です。

Microsoftのサポートサービスではシステムの復元を使ってアップデート適用前に戻す方法を解説しているのだそうです。何と言う事でしょうか。私のパソコンもVistaですが幸いこの不具合には遭遇せずにすんでいます。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0802/20/news023.html
アメリカUS-CERTは2月18日にFirefox、Operaに関する脆弱性情報の公開を告げました。ビットマップ処理の脆弱性だとの事です。

そうしてFirefox2.0.0.12、Opera9.25へのアップグレートを勧告していました。ですがこの二つのブラウザが発表されたのは2月18日より以前です。何日だったかはもう忘れてしまいましたけれどアップデートをしたのは確かですし、ヴァージョン情報で確認しても間違いありません。

つまり私が分からないといっているのは脆弱性情報以前に発表されたヴァージョンのブラウザが、その脆弱性に対応しているのかという事なのです。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0802/19/news022.html
今日、ブログを確認した所タイトルの状況になっていました。アクセス数が千単位で増えた場合にこれを書く事は決めてある事なのです。
13日にWindows Updateを行った所、優先度の高い更新プログラムとしてIE7が一覧に抽出されてしまったのでした。なのでインストールしない選択肢が出なかったのです。

これから数日中に対象になる全てのユーザーへ通知がある予定になっているとの事ですから、その後であれば以前に書いたようにインストールする、しない、後で確認するの三択が可能になっているでしょう。
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/au/default.mspx

IE7にして不具合がある場合の対策として削除により元のヴァージョンに戻す以外に、システムの復元を使う事を上げているアップグレードなんて怪しいに決まっているのです。

これを書いているのはビスタのパソコンです。ですからこの問題は私にとって急を要する事ではありません。XPのパソコンは予備になっているのでウィンドウズアップデートだけは欠かさず実行しているのでした。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/02/14/18449.html
12日にMozilla Corporationが発表しました。私はFirefoxPortableTestをUSBメモリーに入れていたのでヘルプメニューから更新できたのです。

以前にこのFirefoxPortableTestを日本語化する方法についてこのブログで取り上げました。ですがその際に使用した日本語化ファイルは今度のBeta3には不適合だったのです。

一時的な事でしたがハードディスクにインストールしてあるFirefoxとデータが混乱してしまったのでとまどいました。再度起動した所解決したのです。

前回のBeta2の時にも引用した事ですけれど『本ベータ版は開発者やテスター向けに公開されており、テスト目的でのみ利用可能。また、「Firefox」v3.0に非対応の拡張機能は動作しなくなるため、既存の「Firefox」ユーザーはテスト用に新しいプロファイルを作成するとよいだろう。』である事には注意しましょう。

Beta 4が3月にリリースの予定だそうです。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/02/13/firefox3beta3.html
http://blogs.mozilla-japan.org/news/2008/02/13/11/
Firefox3 Beta3のレビューです。使用してみての体験談が語られていました。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20367127,00.htm
総務省が特定電子メール送信適正化法を改正するとの事です。その内容については以下のページを参照してください。
http://japan.cnet.com/blog/email/2008/02/12/entry_25005075/
こうした法の改定は以前にもなされた事があったはずです。それでもまた法律を変える必要があるという事はかってなされた法の変化が無駄であったのを意味します。

読んでみた所、今回もまたスパム業者にとって有効な対策にはならないのではと考えてしまいました。

もっとも私は去年にプロバイダーのメールアドレスを変更したので、それ以来パソコンのメールソフトには一切スパムは来なくなりました。一つのウェブメールアドレスはネットに公開しています。ここにだけは大量のスパムが届きますがこれは承知の上で行っている事です。ウェブメールは別に三つ持っていますが、こちらは信頼できる相手にしか知らせていないためスパムが来る事はありません。
面倒な事を書いていると思われるかもしれないので最初に明らかにしておきます。実際にする事は一つのフォルダをコピーして保存する、これだけです。バックアップデータを復元する場合にはこのフォルダを開いた上で、全て選択しコピーします。そして新たにできたプロファイルフォルダを開きます。そこに貼り付ける、以上でした。詳しい事は以下を読んでください。

一般に知られている方法はFEBEを使用する事でしょう。私もXPからビスタにFirefoxを引っ越しさせるに当たりこれを用いる事をまず考えました。XPのパソコンにはバックアップNXというアプリケーションが付属していてこれにFirefoxを登録すれば、そのパソコン内でだけですがFirefoxのバックアップをする事はできていたのです。

ですが他のパソコンへ移動させる場合これは使えません。そこでFEBEを試してみたという訳です。当時パソコンを一台しか所有していなかったためFirefoxとFirefoxPortableの間で同期させる事ができるかを検証してみたのでした。何故かブックマーク、IDとパスワードを移行させる事ができなかったのです。

IDとパスワードについてはFEBEの仕様だという話があります。当時使用したヴァージョンは5.2.9ではなかったかと思います。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/2109

この結果プロファイルのあるフォルダをバックアップ、移行先のパソコンのFirefoxで相当するプロファイルに上書きする方法を思いつきました。

プロファイルは次の場所にあります。このフォルダは隠しフォルダですからフォルダオプションで、全てのファイルとフォルダを表示する設定にする事が必要です。

XPではCドライブのDocuments and Settings、ユーザー名、Application Data 、Mozilla、Firefox、Profiles、ランダムな英数字の羅列defaultフォルダ。これは曖昧な記憶なのですがXPにはdefaultフォルダが四つありました。その中でsignons2.txtとkey3.db、この二種類のファイルがあるフォルダです。ちなみにこのファイルはIDとパスワードのデータを管理しています。

ビスタの場合はCドライブ、ユーザー、(ユーザー名)、AppData、Roaming、Mozilla、Firefox、Profiles、ランダムな英数字の羅列.defaultフォルダがそれです。

このフォルダをバックアップします。光学ディスク等の不揮発性メモリが良いでしょう。Mozillaから Profilesまでのフォルダの内どれかのフォルダを右クリックして送るを選びます。送り先をデスクトップにしてショートカットを作成すると後でバックアップフォルダのコピーが楽にできますよ。私はProfilesフォルダでこれを実行しています。

Firefoxに不具合が生じプロファイルの削除が必要になった場合にはこうします。一度アンインストール、上記のプロファイルを削除、再インストール、バックアップしておいたフォルダを開き全て選択しコピー。再インストールで新たにできたプロファイルを開いて貼り付けです。

default等共通する名称のフォルダを扱いますから注意が必要です。ランダムな英数字はメモしておくかすると良いでしょう。

移植の場合には単に上書きするだけで大丈夫でした。これは経験からそういえるのです。
関連記事をまとめたページがあるので紹介する事にしました。タブ化やその他IE6からの変更点について書かれています。

ショートカットも取り上げられているのでした。またIE7についてマイクロソフトが語っている事も含まれています。ですがIE7向けのアドオンにはたいしたものはありません。

私はIE7にするつもりがありませんし、他の人にも絶対的にお勧めしませぬ。これはOSがXPのパソコンについての言及です。今これを書いているメインのパソコンはビスタなのでして。現時点ではIE7以外の選択肢がないのです。もちろんこれはIEに限っての事です。ブラウザは別のものを既定としているのですから。このブログを以前からお読みの方は何であるかすでにご存じのはず。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0802/08/news139.html

Firefox2.0.0.12

Mozillaはアメリカ時間の2月7日か2月8日にFirefox 2.0.0.12を提供する予定だとの事です。以前に話題にした危険度高である脆弱性の解消を目的としています。
http://japan.zdnet.com/sp/feature/07zeroday/story/0,3800083088,20366769,00.htm
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/browser/webbrowser/firefox.html
http://www.mozilla-japan.org/projects/security/known-vulnerabilities.html#firefox2.0.0.12

IE8はAcid2に

以前にIE8はAcid2に合格しているとの情報があると書きました。そして次のアドレスにもMicrosoftがその発表を裏付けるスクリーンショットも示したとあります。ですがこの記事を書いた人はIE8はAcid2に合格しないと考えているのです。

私には理解し難い内容が含まれていましたので、直接当事者の文を読んでください。
http://japan.cnet.com/column/pers/story/0,2000055923,20366414,00.htm
ブログ妖精ココロです。どのカテゴリに分類したら良いか分からなかったのでこの挨拶にしました。新しくカテゴリを作成するほどの事でもなかったので。正確には挨拶というより私が忘れないようにするための記録として残します。
Netscapeのサポートは3月1日で終了します。そこでNetscapeからFirefoxとThunderbirdへ移行するためのガイドが公開されました。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0802/01/news054.html

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。